ハンドルの水漏れ対策|寿命がくる前の蛇口交換が大切|水トラブルで困る前に

寿命がくる前の蛇口交換が大切|水トラブルで困る前に

ハンドルの水漏れ対策

パイプ

普段何気なく生活をしていると蛇口から水漏れが起こることがあります。このような水道水漏れになる主な原因は劣化です。蛇口内部で劣化が起こっているために水道水漏れが引き起こされるので、新しいものに交換することで対策をすることができます。しかしながら、わざわざ業者に依頼せずに簡単に修理をして自分で水道水漏れを解決することもできます。水道水漏れで最も多い症状は蛇口のハンドルの下から水が出てくることです。大量の水が流れ落ちることはありませんが、少量の水が漏れます。あまり気にする人がいませんので、放置しておいても問題ありません。ただし、きちんと治さないとずっとそのままです。時間が経過すれば勝手に治るということはまずありません。

蛇口のハンドルから水漏れがあるときの解決策はバルブカートリッジに原因があります。ハンドル部分を解体していくとバルブカートリッジを見つけることができます。やり方としては、止水栓をまず閉めておいてハンドルの下部にある前面ネジをドライバーを使って緩めます。何回もまわして行けばハンドルを外すことができます。それからナットが見えてくるので、それも外します。そうするとバルブカートリッジも外すことできるようになります。新しいバルブカートリッジと交換すれば水道水漏れは解消されます。必要な工具は六角レンチやドライバーといったどこの家庭にでもある工具です。そのため、特別なものは必要としませんので、自分でも簡単に交換ができます。