寿命がくる前の蛇口交換が大切|水トラブルで困る前に

水道のトラブルを解決する

作業員

水道トラブルには様々な原因があり、どの様な原因で水漏れが起きているのかを把握する事が必要になります。水道修理を行う業者選びをする際には、口コミやホームページを参考にして、安心して依頼できる業者選びをする事が大切です。

詳細へ

困った時に頼りに

修理

水漏れなどは、特に夜に起こると慌ててしまうものです。そのような時には、24時間対応可能な業者が安心です。水漏れ以外にも、漏水検査やパイプの悪臭対策など、幅広く対応してもらえます。水回り修理業者の電話番号を目につくところに設置し、日頃から備えておきましょう。

詳細へ

ハンドルの水漏れ対策

パイプ

蛇口のハンドルの下から水漏れが起こることはよくあります。このような場合はバルブカートリッジに原因がありますので、自分で六角レンチやドライバーを使って交換しましょう。水道水漏れの対策には特別な工具は要りませんし、簡単にできます。

詳細へ

蛇口を快適に使う為に

蛇口

壊れた時の症状を知る

蛇口交換が必要な時とは、どんな時なのでしょうか。まず、蛇口のレバーを止めても、水が出てくる場合です。大量に水が出るわけではなく、ポタポタ、という感じで落ちてきます。最初は、蛇口に残った水が落ちてきているのかな、と思いがちです。しかし、これが続いたら、中の部品が劣化したり、破損している可能性があります。こうなったら、蛇口交換が必要です。そして、蛇口からお湯が出ず、水しか出ない場合です。お湯が出ないトラブルは、給湯器の故障を疑うかもしれません。ですが、給湯器に問題がなかった場合、蛇口の栓が、ミスしか出さない状態で、壊れている可能性があります。以上のような、症状が出たら、すぐに業者に連絡しましょう。毎日使う蛇口だからこそ、故障したら蛇口交換して、快適に過ごしてください。

修理より交換が良い理由

蛇口を交換するよりも、修理したい人もいるでしょう。特に、年数が古い蛇口を使っている人は、ずっと使っているものだから、修理して使いたいと思う人は多いかもしれません。しかし、古い蛇口だと、壊れた部分の部品が、製造終了している可能性が高いのです。もし、代用品で修理しても、正規品でないと再び修理が必要な状況になっていまします。拘らずに、新品に交換することをおすすめします。また、10年以上の蛇口を使っている人は、注意が必要です。蛇口の寿命は、だいたい10年と言われているので、壊れる前に交換をしてもいいでしょう。また、蛇口交換は、プロに任せることをおすすめします。水回りのことは、自分でやってしまうと、次の大きなトラブルに繋がることがあるからです。